<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

三月のまとめ

3/2 三月大歌舞伎 夜の部
   「ご存知鈴ヶ森」「京鹿子娘道成寺」「江戸育お祭佐七」

3/7 歌舞伎鑑賞教室
   「歌舞伎へのいざない」「芦屋道満大内鑑」

3/11 三月大歌舞伎 夜の部
    「ご存知鈴ヶ森」「京鹿子娘道成寺」「江戸育お祭佐七」

3/15 三月大歌舞伎 夜の部
     「ご存知鈴ヶ森」「京鹿子娘道成寺」「江戸育お祭佐七」

3/17 三月大歌舞伎 昼の部
     「春の寿」「一谷嫩軍記」「女伊達」「廓文章」

3/19 千作千之丞 の会@国立能楽堂
     「空腕」「業平餅」「月見座頭」

3/26 三月大歌舞伎 夜の部
     「ご存知鈴ヶ森」「京鹿子娘道成寺」「江戸育お祭佐七」

3/27 獅子虎伝阿吽堂@世田谷パブリックシアター


ちょっと控えめに記録(笑)
[PR]
by easyease | 2008-03-31 23:34 | 月のまとめ

平成19年度日本芸術院賞

芝雀さんと時蔵さんの平成19年度日本芸術院賞受賞が発表されました。

関連記事は以下。
毎日新聞
産経新聞
読売新聞
東京新聞
中日スポーツ
時事通信(お2人の名前の記述なし)

(発見次第追記予定)

同じ年の女形さんお2人の同時受賞、素晴らしいですね。
おめでとうございます。

※受賞式は6/2だそうですが、時蔵さんは博多座の初日ですね・・・
[PR]
by easyease | 2008-03-29 10:15 | ミーハー

3/27 獅子虎傳阿吽堂 Vol.4

3/27 世田谷パブリックシアターへ。

獅子虎傳阿吽堂 Vol.4

1.囃子レクチャー
2.松の翁
3.三番三
4.天請来雨
5.供奴
6.獅子-髪洗い-


座席 2階1列ど真ん中

***********

1.囃子レクチャー
亀井、田中兄弟の雑談を聞くコーナー(笑)
鼓の皮は馬と聞き、狐じゃないんだ・・・と思ってみました。
ちなみに太鼓の皮は牛なんだそうです。

2.松の翁
梅枝さんの踊り。
翁ってタイプじゃないとご本人もおっしゃってましたが・・・(笑)
やや線が柔らかすぎるかな~という所もいくつかありましたが
いつもどおりお行儀のよい踊りだったと思います。

3.三番三(さんばそう)
茂山逸平さん。
雑談コーナーでのおもろいにいちゃんのイメージとはガラっと変わって
神聖な三番三ときっちり力強く演じらてました。
どこかで流派によって「三番叟」と「三番三」と表記が違うと聞いた気がするのですが
さてどこだろう?(笑)

4.天請来雨
(林)英哲風雲会の4人の演奏。
4人のばちの動きがそろいすぎるほどに揃ってて感動的でした。

5.供奴
尾上青楓さんの踊り。
小顔の青楓さんがこれをおどるといたずらな子供がおどってるような
ひょうきんさがでておもろしかったです。
それでいてさすがに踊りにはキレがありました。
ただ、袴だったので供奴の足の動きがはっきりみえず残念。

6.獅子-髪洗い-
亀井・田中兄弟、福原寛さんの笛、松永忠一郎さんチームの三味線
最後にやっと三兄弟の音に集中。素敵な締めでした。

正面、下手、上手から3つの橋掛かりのある舞台装置素敵でした。
今やってる狂言劇場のままの装置だったのでしょうか・・
[PR]
by easyease | 2008-03-28 13:50 | ミーハー

千作千之丞 の会

3/19 茂山千作文化勲章受賞記念
    千作千之丞の会@国立能楽堂へ行ってきました。

1. 「空腕」 
    千之丞、千五郎
2. 「業平餅」
    七五三、正邦、莢、宗彦、童司、あきら、逸平、洋海
3. 「月見座頭」
    千作、千之丞

座席 中正面 3列端っこ

* * * * * * * * * * * *
歌舞伎や文楽ほどぜ~んぶ観たい!ってほどではないのですが
ちょっと覗いてみる・・つもりが結構情報が入ると行きたくなる、
そんなスタンスの狂言体験・3回目です。

今までは野村さんちの「ござる乃座」x2でしたので
茂山さんちの狂言公演は初めてです。

大勢でてらしたせいか、野村さんちの舞台より
なんだかとってもファミリーな感じでした(笑)
千作さん88歳&千之丞さん84歳から莢ちゃん3歳くらい?まで勢ぞろい。

何がどうと明確にならないのですが
やはり野村さんちのとちょっと空気が違いました。
笑の起き方が大胆?・・・ってくらいしか判りませんけど
なんか違うんですよ。

しかし千之丞さん、84歳とは思えない身軽さ、かわいらしさ吃驚でした。
舞台を観てて、「確かこの人が千之丞 さんのはず・・でも80代には見えない」
「本当にこの人なんだよね??」って最初の”空腕”ではしばらく考えてみました(笑)
舞台でピョンッ♪って飛ぶ身体能力に加え肌つや
今月歌舞伎座でも喜寿記念花子だったり、
先日80歳のお誕生日を迎えられた白井権八とかいらっしゃいますが
その上を行く凄さを眼のあたりにした感じです。

座席の中正面、端っこだったせいか見づらいことも無かったです。
一番舞台が立体的(?)に観ることができてお得かもしれません。
[PR]
by easyease | 2008-03-21 11:08 | もろもろ

三月大歌舞伎 昼の部

3/17 やっと行ってきました。

三月大歌舞伎 昼の部

1. 春の寿
    三番叟
    萬歳
    屋敷娘

2. 陣門・組打

3. 女伊達

4. 吉田屋


座席 1階12列やや上手

***************
踊りばっかりで盛り上がらないかな・・・と思ってましたけど
意外や意外、それぞれがとても楽しかったです。

「陣門・組打」の藤十郎さん&團十郎さんはさすがでした。
無駄に圧倒するのではなく、じんわりと感動させてくれる
そんな小次郎(敦盛か?)と直実でした。

「吉田屋」仁左衛門さん、左團次さん&秀太郎さんの雰囲気が
とてもよかったです。 仁左衛門さんの表情をみていると
こちらまで意味なく笑顔になってしまいました。ちょっとアホ顔だったかも(笑)
[PR]
by easyease | 2008-03-18 23:37 | 歌舞伎

三月大歌舞伎 夜の部

3/11 行ってきました。

三月大歌舞伎 夜の部

1. 御存 鈴ヶ森

2. 京鹿子娘道成寺

3. 江戸育お祭佐七


座席 1階 1列やや下手

* * * * * * * * * *
1. 御存 鈴ヶ森

この日は芝翫さんの80回目のお誕生日だったと後から知りました。
びっくりです。 ま~ったくそんな風には見えません。
身のこなしもすっきりと若侍らしく、
特にこの日は刀の捌きがキレがよくて見事だな・・と見とれていました。

2. 京鹿子娘道成寺
その芝翫さんより3つお若い藤十郎さんの道成寺
これまた素敵でした。 気がつくと藤十郎さんの動きを凝視してました(笑)
この日のまい尽くしは孝太郎さん。
初日に拝見した虎之介さんにはかなわないかしら(笑)

所化さんからてぬぐいいただきました♪

3. 江戸育お祭佐七
前の二つに比べるとちょっと年齢が下がる舞台(笑)
初日に拝見した時よりもぐっと舞台にまとまりがあって楽しかったです。
やっぱり菊五郎さんと時蔵さんがイチャイチャしてるところは好きです♪♪
[PR]
by easyease | 2008-03-13 09:54 | 歌舞伎

3月歌舞伎鑑賞教室「歌舞伎へのいざない」

3/7 行ってきました。

「歌舞伎鑑賞教室」

1.解説 ようこそ歌舞伎へ  

2.芦屋道満大内鑑 -葛の葉-
   第一場 安倍保名内機屋の場
   第二場 同  奥座敷の場


座席 2階3列センター

*************
1. 解説
いつもより凝った趣向でお送りしております・・な感じ(笑)
客席のうけもよかったように思います。
普及活動の入口としては明るく楽しくよかったのではないでしょうか。

2. 葛の葉
この演目は初めて拝見します。
おぉ~こういうことであぁなったのか~・・と
話の筋すらも当日会場でいただいたプログラムで知る始末。
1月からなんとなし狐づいてるような気がします、私(笑)

劇場の差別をするわけではありませんが、こういう風合いのお芝居は
歌舞伎座のような、何かが居そうな雰囲気の劇場のほうが味わえるかな・・・と。
なんとなく思ってみたり・・

お芝居に感想は・・・ま、いいですね(笑)
[PR]
by easyease | 2008-03-10 16:01 | 歌舞伎

三月大歌舞伎初日 夜の部

3/2 初日の夜の部に行ってきました。
初日のせいか、ロビーも奥様方で華やかでしたし
客席も著名人やら、よくお見かけする歌舞伎ファンの方やらで
いるだけでわくわくする楽しい空間でした。

三月大歌舞伎夜の部
1. 御存 鈴ヶ森

2. 京鹿子娘道成寺

3. 江戸育お祭佐七


座席 1階4列花横

*************

1. 鈴ヶ森
雲助たちが本当に見事に汚いんですよ(笑)
権八に斬られそうになって花道までにげてきたんですけど
なんだか本当に匂いそうなりアルな汚れっぷりでした。
芝翫さんの権八が若々しくて形もきれいでした。

2. 京鹿子娘道成寺 
南座に続いて藤十郎さんの喜寿記念の花子を拝見。
今回はフルバージョンっていったところでしょうか、道行から押戻しまで。
終盤、ちょっとしたトラブルがありましたけど充分に魅せていただきました。
道行は藤十郎襲名の花子のお衣装でした。

舞尽くしは虎之介さん。
一生懸命語られるのをお父様、伯父様がたがサポート、ほほえましかったです。
特にお父様の相槌の力強いこと。お稽古の日々が浮かぶようでした。

3. 江戸育お祭佐七
久しぶりの菊五郎さんの江戸のいなせな男のお芝居ですね。
とっくにやられていてもいいような感じですが菊五郎さん初役とのこと。
時蔵さんの芸者小糸も初役。 初日なので全体的にこなれてないな・・という印象。
ま、お2人のいちゃいちゃぶり観られただけで嬉しかったりするんですけど(笑)
他にも
”佐七@菊五郎さんの帰りを待つ
小糸@時蔵さん、お種@梅枝さん、三吉@錦之助さん”なんていう
萬屋好きにはわけなく嬉しい場面もあったりしたのでした。
[PR]
by easyease | 2008-03-03 13:33 | 歌舞伎