<   2007年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

9月のまとめ

今月はちょっとばたばたして
とうとう歌舞伎座昼の部いけなかったですよ・・がっかり
文楽があったというのも一つの理由ではありますが・・

とりあえずまとめ

9/6 歌舞伎座 夜の部
     「阿古屋」
     「身替座禅」
     「二条城の清正」
9/7 メトロ文楽

9/12 文楽公演第二部
     「菅原伝授手習鑑」
9/16 文楽公演第一部
     「夏祭浪花鑑」
9/19 東京ミッドタウン能狂言第一夜
     「三番三」
     「仁王」
     「蝸牛」
9/21 文楽公演第一部
     「夏祭浪花鑑」
9/24 公文協巡業@松戸森のホール
     「正札附根元草摺」
     「口上」
     「番町皿屋敷」
     「戻駕色相肩」
[PR]
by easyease | 2007-09-29 15:18 | 月のまとめ

公文協巡業西コース千秋楽

9/24 松戸森のホール21まで行ってきました。


正札附根元草摺
口上
番町皿屋敷
戻駕籠色相肩


座席 1階6列センターやや下手

**********
正札附根元草摺
今回、千秋楽も行ってよかった~と思わせてくれた一幕。
とにかく梅枝さんの踊りが格段に進歩していました。
踊りに詳しくない私でもどれだけよくなっているかわかる進歩。
初日の「きれいできっちり踊る」から
舞鶴としての表情のついた女形の踊りになっていたように思います。
ところどころ色気なんかにじませちゃって・・・
それが特に何かをして色気を出すっていうのではないのですよ。
これでまだ20歳前というのだから恐ろしいことです。
お父さんがんばれ!(笑)

口上
初日と違って皆さん危なげなく・・・
ちょっとつまらないかも(笑)

番町皿屋敷
初日にくらべて播磨@梅玉さん、お菊@時蔵さんが
こっくりしたお芝居をしていたように思えました。
播磨がお菊を見る目がなんと甘いこと・・・どっきりでした。

戻駕籠色相肩
これまた若いお人というものは・・・な幕。
隼人君が、口上も危なげなかったのと同様
踊りもかなり慣れてあの膝を曲げたままの姿勢でも
シンがぶれないようになっていました。素晴らしいです。
来月は膝をあまり曲げなくていいといいけれど(笑)

錦之助さんと松緑さんはいきがあって楽しい踊り。
最後のキメがお二人+隼人さんで決まって格好いい終わりです。

歌舞伎以外の場所での露出がほとんどない方ばかりの座組
集客力という点ではやはり難しいところがあったらしいのですが
舞台、お芝居としては本興行と遜色ない内容だったと思います。
噂ではまた来年、梅玉さんの座頭で錦之助襲名巡業があるとか
来年こそは多くの人に観てみてほしいものです。
[PR]
by easyease | 2007-09-25 14:53 | 歌舞伎

東京ミッドタウン能狂言

9/19 
東京ミッドタウン能狂言 第一夜に行ってきました。


大蔵流 「三番三」

大蔵流狂言 「仁王」

和泉流狂言 「蝸牛」


座席18列下手

********
初めての狂言体験。
歌舞伎、文楽に続いて私の第三の伝統芸能になるか?!と
思って観てみました。
楽しかったけど第三にはならない模様です(笑)
もう私の気持ちのキャパがTOP2でいっぱいいっぱい
そんな状況なのかもしれませんね。

でも「蝸牛」の
♪でんでんむしむし、でんでんむっしむし・・・♪が
頭の中をグルグルまわってちょっと困った状態はあります(笑)
[PR]
by easyease | 2007-09-20 13:33 | もろもろ

九月文楽公演 第一部

9/16 第一部行ってきました。

『夏祭浪花鑑』
住吉鳥居前の段
内本町道具屋の段
道行妹背の走書
釣船三婦内の段
長町裏の段
田島町団七内の団


座席 7列上手

*************

もう一度行きますのでいろいろはその時に。
[PR]
by easyease | 2007-09-20 13:19 | 文楽

九月文楽公演 第二部

9/12 行って来ました

吉田玉男一周忌追善
『菅原伝授手習鑑』

初 段 加茂堤の段
     筆法伝授の段
     築地の段

二段目 杖折檻の段
     東天紅の段
     丞相名残の段


座席 7列上手

*************

とてもよい舞台だったと思います。
人形も、床も素晴らしかったです。
今回、床、特に三味線さんがとても近かったので
三味線の雨浴び放題でした。
二段目の寛治さん、清介さん、富助さんの三段責め(笑)
幸せでした。
でも最後の最後、十九大夫さん+富助さんの迫力に
目も耳も奪われて舞台上の菅丞相が極まるところ
うっかり観そびれてしまいました。あぁあ。

記録用に配役を下に書いておきます

『菅原伝授手習鑑』配役
[PR]
by easyease | 2007-09-14 16:20 | 文楽

メトロ文楽

今回も行ってきました、メトロ文楽@永田町。
今日は仕事が早く上がったので余裕で行ったら
1時間前だというのにすでに椅子はほぼ満席。
ギリギリ最後の1席をいただきました。

ところでこの椅子の後ろにこんなタグが(笑)
e0058743_2124985.jpg


読めますか?『椅子(文楽)』って・・・

今日会場へ行ってまず意外だったのが
「夏祭浪花鑑」と書いてあったことです。
ポスターが玉男さんの菅丞相だったので
絶対菅原ネタだと思っていたので・・・

まずは永田町駅の区長(といわれたような)からご挨拶。
国立劇場へお越しの際は・・・とPRも忘れずに。

そして司会の方の紹介を受け玉也さん、玉佳さん、玉誉さん登場。
チラと挨拶をなされてすぐに玉也さんのお話。
『満を持しての悪役登場。』・・・と仰るとおり義平次をお連れでした。
今回46回目(といわれたかと)のメトロ文楽で初の悪役登場なんだそうです。

その前に「文楽はじめての方の為に」と人形解説。
お園ちゃん人形なんかで女人形の説明もしたり・・
玉也さんが女の人形遣うところなんてレアじゃありませんか?(笑)

メインは義平次1人芝居(玉也さん談)
ちゃんといじめてる団七も見えるようでしたね。
本当にイヤミな爺だ(笑)

勘十郎さんのように話なれていらっしゃる感じではありませんが
サラッとしてて所々面白く、ちらっと教養も垣間見せちゃうよ・・みたいなお話ぶり。
玉也さんのお話が聞けて良かったです。
[PR]
by easyease | 2007-09-07 21:19 | 文楽

秀山祭 夜の部

台風の中行ってきました。

1. 壇浦兜軍記-阿古屋-

2. 身替座禅

3. 二条城の清正


座席 1階1列やや上手

* * * * * * * * * * *
阿古屋観たさに行ってきました。
本当は明日のチケットが取ってあったのですが
「メトロ文楽だ~!!」と気づき友達に行ってもらうことにして
代わりに取ったのが今日。 そして久々の台風?(笑)
いつ帰ろうかタイミング計っていたら最後まで見ちゃって
そして電車止まっちゃいました(笑)

違うルートでなんとか帰宅できたのでOKです。

ってことで今日はグッタリなので感想書くとしたら後日...
[PR]
by easyease | 2007-09-06 23:47 | 歌舞伎

8月のまとめ

暑さ負けして死んだような8月でした


8/1 夏休み文楽特別公演@国立文楽劇場二部・三部

8/9 Theピーズ@紅布

8/11 高濱光遊亀乃会@日本橋劇場

8/19 和ごころ倶楽部@パレスホテル

8/20 スピッツ20周年祭@Zepp Tokyo

8/28 苫舟の会@日本橋劇場

8/31 公文協巡業西コース @川口リリア


なんとなしマニアックな品揃え?(笑)
[PR]
by easyease | 2007-09-01 13:17 | 月のまとめ

公文協巡業 西コース

8/31 巡業西コース初日@川口リリア、行ってきました。

正札附根元草摺
口上
番町皿屋敷
戻駕籠色相肩


座席 1階17列センター / 1階5列上手

********
実は昼と夜、同じもの2回観ました(汗)
感想はまとめて

正札附根元草摺
松江さんの五郎に梅枝さんの舞鶴。
セリがないので後ろの長唄さんたちの雛壇が真ん中でわれて台に乗って登場。
これって意外に舞鶴メインの舞台なんですね。
梅枝さんの舞鶴は相変わらず踊りが綺麗。
ただ初日なので固いというかアクセントがないというか・・・でちょっと残念でした。

口上
下手から
時蔵さん、隼人さん、松江さん、錦之助さん、梅玉さん、松緑さん、梅枝さん、錦吾さん、東蔵さん。
(時蔵さんと梅枝さんが女形の拵えでした)

錦之助さん襲名の口上でしたが、松江さんも襲名後当地初お目見えということでそのご挨拶も。
夜の部の時、梅枝さんがちょっととちちゃって・・巡業らしい和やかな雰囲気に(笑)

番町皿屋敷
久々な(?)梅玉さん、時蔵さんコンビ。
夜の部は上手だったので井戸がすぐ近く。本当に目の前でお菊が手討にあいました。
わかっていても悲しいシーンですね。

今回、お菊の同僚お仙で梅枝さんがご出演。
登場は親子並んでいらして、立ち姿があまりに似ていて感動的。
ま、お芝居始まるとやっぱり違うんですけどね。

戻駕籠色相肩
錦之助さんと松緑さんの駕篭かきに隼人さんの禿。
隼人さん、ますます背が高くなられたようで膝をまげて小さくなるのが大変そう。
それでも一生懸命踊る姿が可愛らしいです。
またそれを見守る錦之助さんが、普通にお父様の目でみてらして
なんともほほえましかったです。 
最後は真柴久吉@錦之助さんと石川五右衛門@松緑さんになって
ぶっ返って華やかに幕となりました。

もう一度、千穐楽に拝見するのがいろいろと楽しみな舞台です。
[PR]
by easyease | 2007-09-01 13:10 | 歌舞伎