カテゴリ:歌舞伎( 185 )

三月大歌舞伎 昼の部

3/17 やっと行ってきました。

三月大歌舞伎 昼の部

1. 春の寿
    三番叟
    萬歳
    屋敷娘

2. 陣門・組打

3. 女伊達

4. 吉田屋


座席 1階12列やや上手

***************
踊りばっかりで盛り上がらないかな・・・と思ってましたけど
意外や意外、それぞれがとても楽しかったです。

「陣門・組打」の藤十郎さん&團十郎さんはさすがでした。
無駄に圧倒するのではなく、じんわりと感動させてくれる
そんな小次郎(敦盛か?)と直実でした。

「吉田屋」仁左衛門さん、左團次さん&秀太郎さんの雰囲気が
とてもよかったです。 仁左衛門さんの表情をみていると
こちらまで意味なく笑顔になってしまいました。ちょっとアホ顔だったかも(笑)
[PR]
by easyease | 2008-03-18 23:37 | 歌舞伎

三月大歌舞伎 夜の部

3/11 行ってきました。

三月大歌舞伎 夜の部

1. 御存 鈴ヶ森

2. 京鹿子娘道成寺

3. 江戸育お祭佐七


座席 1階 1列やや下手

* * * * * * * * * *
1. 御存 鈴ヶ森

この日は芝翫さんの80回目のお誕生日だったと後から知りました。
びっくりです。 ま~ったくそんな風には見えません。
身のこなしもすっきりと若侍らしく、
特にこの日は刀の捌きがキレがよくて見事だな・・と見とれていました。

2. 京鹿子娘道成寺
その芝翫さんより3つお若い藤十郎さんの道成寺
これまた素敵でした。 気がつくと藤十郎さんの動きを凝視してました(笑)
この日のまい尽くしは孝太郎さん。
初日に拝見した虎之介さんにはかなわないかしら(笑)

所化さんからてぬぐいいただきました♪

3. 江戸育お祭佐七
前の二つに比べるとちょっと年齢が下がる舞台(笑)
初日に拝見した時よりもぐっと舞台にまとまりがあって楽しかったです。
やっぱり菊五郎さんと時蔵さんがイチャイチャしてるところは好きです♪♪
[PR]
by easyease | 2008-03-13 09:54 | 歌舞伎

3月歌舞伎鑑賞教室「歌舞伎へのいざない」

3/7 行ってきました。

「歌舞伎鑑賞教室」

1.解説 ようこそ歌舞伎へ  

2.芦屋道満大内鑑 -葛の葉-
   第一場 安倍保名内機屋の場
   第二場 同  奥座敷の場


座席 2階3列センター

*************
1. 解説
いつもより凝った趣向でお送りしております・・な感じ(笑)
客席のうけもよかったように思います。
普及活動の入口としては明るく楽しくよかったのではないでしょうか。

2. 葛の葉
この演目は初めて拝見します。
おぉ~こういうことであぁなったのか~・・と
話の筋すらも当日会場でいただいたプログラムで知る始末。
1月からなんとなし狐づいてるような気がします、私(笑)

劇場の差別をするわけではありませんが、こういう風合いのお芝居は
歌舞伎座のような、何かが居そうな雰囲気の劇場のほうが味わえるかな・・・と。
なんとなく思ってみたり・・

お芝居に感想は・・・ま、いいですね(笑)
[PR]
by easyease | 2008-03-10 16:01 | 歌舞伎

三月大歌舞伎初日 夜の部

3/2 初日の夜の部に行ってきました。
初日のせいか、ロビーも奥様方で華やかでしたし
客席も著名人やら、よくお見かけする歌舞伎ファンの方やらで
いるだけでわくわくする楽しい空間でした。

三月大歌舞伎夜の部
1. 御存 鈴ヶ森

2. 京鹿子娘道成寺

3. 江戸育お祭佐七


座席 1階4列花横

*************

1. 鈴ヶ森
雲助たちが本当に見事に汚いんですよ(笑)
権八に斬られそうになって花道までにげてきたんですけど
なんだか本当に匂いそうなりアルな汚れっぷりでした。
芝翫さんの権八が若々しくて形もきれいでした。

2. 京鹿子娘道成寺 
南座に続いて藤十郎さんの喜寿記念の花子を拝見。
今回はフルバージョンっていったところでしょうか、道行から押戻しまで。
終盤、ちょっとしたトラブルがありましたけど充分に魅せていただきました。
道行は藤十郎襲名の花子のお衣装でした。

舞尽くしは虎之介さん。
一生懸命語られるのをお父様、伯父様がたがサポート、ほほえましかったです。
特にお父様の相槌の力強いこと。お稽古の日々が浮かぶようでした。

3. 江戸育お祭佐七
久しぶりの菊五郎さんの江戸のいなせな男のお芝居ですね。
とっくにやられていてもいいような感じですが菊五郎さん初役とのこと。
時蔵さんの芸者小糸も初役。 初日なので全体的にこなれてないな・・という印象。
ま、お2人のいちゃいちゃぶり観られただけで嬉しかったりするんですけど(笑)
他にも
”佐七@菊五郎さんの帰りを待つ
小糸@時蔵さん、お種@梅枝さん、三吉@錦之助さん”なんていう
萬屋好きにはわけなく嬉しい場面もあったりしたのでした。
[PR]
by easyease | 2008-03-03 13:33 | 歌舞伎

「小町村芝居正月」千穐楽

1/27 国立劇場へ行ってきました。

「小町村芝居正月」
五幕七場


座席 1階1列やや下手

*************
千穐楽もガツガツと最前列で拝見してきました。

他のブログで紹介されてる通り(手抜き・笑)
最後の最後に菊五郎劇団らしいお遊びがあって
普段の舞台よりさらに楽しい千穐楽となりました。

また歌舞伎座の千穐楽とずれたせいでしょうか
歌舞伎を通じて知り合った人達が集結した感もあり
幕間もまた楽しかったです。

って全然お芝居の感想書いてないですね(笑)
[PR]
by easyease | 2008-01-28 16:53 | 歌舞伎

壽 初春大歌舞伎

1/13 歌舞伎座へ行ってきました。
ここを逃したら今月はもう日がないと思い
無茶を承知で終日お籠りしてきました。

「昼の部」
1. 猩々
2. 一條大蔵譚
3. けいせい浜真砂
4. 魚屋宗五郎
5. お祭り
「夜の部」
1. 鶴寿千歳
2. 連獅子
3. 助六


座席 昼の部 1階7列やや下手
    夜の部 1階3列センター


感想は後日書くかも・・・といつもの通り。
雀右衛門さんと吉右衛門さんはもう一度観たい・・と
思ったのでありました(笑)
[PR]
by easyease | 2008-01-13 23:30 | 歌舞伎

初芝居@国立劇場

1/4 行ってきました、
平成20年初芝居。

『小町村芝居正月』
五幕七場


座席 1階1列 センター

*************
私の歌舞伎歴4年目スタートのお正月、
初芝居が国立劇場の舞台なのはこれが3回目です。

何があるかわからないこの舞台で
正月早々最前列なのはある意味チャレンジでした。
すごい靄につつまれたり
大雪に見舞われたり・・・・・
でも、小町姫様がポトリと落とされた手ぬぐいをゲットできたので
それはそれで幸運な席だったのかも~~~♪

話の筋は去年のよりもなんとなく納得がいくもので
なおかついろ~んなものがつめこみつめこみで楽しかったですね。
歌舞伎座で繰り広げられている重厚(?観てないからわからないけど)な舞台と
真反対をいく歌舞伎ダイジェスト。。な感じだったように思えました。
[PR]
by easyease | 2008-01-07 17:20 | 歌舞伎

南座 ふたたび

12/25 京都南座顔見世
再びいってまいりました。
日帰りのため、ダイジェスト観劇(笑)

『昼の部』
2. 勧進帳
3. すし屋
4. 二人椀久
『夜の部』
1.梶原平三誉石切
2.寿曽我対面
3.京鹿子娘道成寺


*************
ざっと感想を
”勧進帳”
私を歌舞伎の泥沼(笑)に引き摺りこんだのが
一昨年の吉右衛門さんの”勧進帳”。
ご兄弟なので見た目時々吃驚するほどにているけど
やるお芝居はとっても違う。不思議な体験。

”すし屋”
弥助さんが前半とても表情やわらかで豊か。
お里とのコンビ、なかなかでございました。
菊五郎さんの目はやっぱり色気ありますね~。

”二人椀久”
仁左衛門さんの椀久は踊りというよりお芝居。
でも暗闇の中、睡魔との闘いに負けて・・

”石切”
前回幕間だった石切、観てみました。
錦吾さんの六郎太夫がなんかよかったです。じんわり~
幸四郎さんの梶原、なんだかすごく嬉しそうでした。
あんなに嬉しそうなものなんでしたっけ??

”対面”
富十郎さん、ちょっとお顔の表情が曇り勝ち。
具合でもわるいのかしら~・・なんて思っていたら
途中プロンプの人、叱りつけたりしてました。、あらら・・
前回もおもったんですが、みんなきっちり着込んでる舞台に
最後に素足で現れる梅玉さん、新鮮です(笑)

”道成寺”
藤十郎さんもオツカレかしら~?と思って拝見してたのでが
始まるとそんな気配もまったくなく気力(気迫?)十分。
藤十郎さんの不思議な色気にやられつつあっという間におしまい。
気がつくと隣りに人からおすそ分けのてぬぐいが私の手に(笑)

そんなこんなで2007年の私の観劇はこれにておしまい。
最後がすごい濃密なもので締められて満足でした。
[PR]
by easyease | 2007-12-26 23:44 | 歌舞伎

京都南座顔見世

12/8 南座行ってきました。初・南座です。
昼夜通し。 背中も腰もバリバリになりました(笑)

More
[PR]
by easyease | 2007-12-10 11:15 | 歌舞伎

松竹大歌舞伎@府中

11/19 行ってきました。
府中芸術の森ホールドリームホール

1.『奥州安達原』

2.『吉野山』


座席 1階3列センター

*****

『奥州安達原』
初日のエントリーにも書きましたが
こちらは昨年夏の亀治郎の会から
配役もほぼ同じなのである程度できあがっている感じがしました。
その分物語にひたらせていただいて
父、母の想い、幼い娘の健気さに涙して
後半の兄弟二人の派手な立ち回りに歓喜して
あっという間の1時間半でした。

ただ会場の音響が歌舞伎向きでないのか
前半の袖萩の口説きの竹本と三味線が
私の席では五月蠅すぎたのが残念。

『吉野山』

さて注目はこちらです(笑)
静御前初役の梅枝さんが初日から20日、亀治郎さんにもまれ(笑)
どうなっているか…ドキドキです。
初日は緊張のせいかちょっと踊りが堅いと感じましたが
今回よい感じに柔らかさが出て
背景の桜とともにほんのりと美しかったです。
亀治郎さんの忠信は抑えるところは抑え
弾けるところは弾け(笑)楽しい踊りでした。
意外にバランスの良いお二人で
これからも機会があれば拝見したいコンビです。
[PR]
by easyease | 2007-11-21 23:39 | 歌舞伎