十二月大歌舞伎 昼の部 

信二郎さんの襲名記者会見のニュースで舞い上がり
すっかりUPをし忘れていましたけど・・・・・・

12/16 行ってきました(笑)


1.八重桐廓噺
2.忍夜恋曲者
3.芝浜革財布
4.勢獅子


座席 1階 4列花道ちかく
---------
八重桐廓噺

菊之助さんの八重桐、動きはすっかりなれてきたようです。
その分なんとなしあっさりというか軽いというか・・・
ちょっと薄めに流れてきてしまっているような気がしました。

菊三呂さんが良い感じです。
この役の位置付けにはまっているように思えました。

忍夜恋曲者

松緑さんの光圀、踊りはきっちりすっきりと格好よいのですが
どうしても一人で芝居してる・・というか自分の分をこなせば良いというか・・
時蔵さんの如月/滝夜叉と絡んでない気がしてしかたありません。
光圀と如月ってこんな距離感なのでしょうか?
このお二人の絡みが上手くいけばもう少し舞台全体に
こっくりした味がでると思うのですが・・・
どんなもんでしょ?

芝浜革財布

特記事項なし(笑)

勢獅子

気持ちのよい踊りですね。
やはり雀右衛門さん、登場するとパーっと舞台が華やぐし
この日は足の状態もよろしかったんではないでしょうか?
梅玉さんと二人で寄り添って踊るところなど
本当に色っぽくて可愛らしくて、妬けちゃうくらいでした。

でもあんなに舞台に人がいると誰が誰だか・・・ですね(笑)
[PR]
by easyease | 2006-12-19 16:59 | 歌舞伎
<< 十二月大歌舞伎 夜の部 カテゴリ『文楽』 >>